仕立ての良いスーツとは④

2020年2月15日 goso_henshu

仕立ての良いスーツとは④

前回のつづきですが、スーツの顔と言われるのが、『襟』です。

スーツ用語では「ラペル」といいます。

仕立ての良いスーツとそうでないスーツでは、このラペルに雲泥の差があります。

前出の毛芯仕立ての襟であれば、ハ刺しといって、生地と高級芯地を縫い合わせて接合しており、絶妙なロールが立体感を演出してくれます。

胸回りに男性的なボリュームができて美しい見栄えになります。

 

そうでないスーツは、接着芯(芯地に水溶性接着剤がついたもの)で生地と芯地を接合しており、ペラペラ感が出ており、ラペルのロール感がありません。

こういった細かい部分にも、仕立ての差がでてきます。