仕立ての良いスーツとは③

2020年2月8日 goso_henshu

仕立ての良いスーツとは③

スーツには直線的なパーツというのは存在しません。

なぜなら、人間の体自体が直線的な部分がないからです。

 

首の裏のパーツを上襟と呼びます。

もともとやや直線的に裁断されたこの上襟を丁寧なアイロンワークによって立体的に湾曲させる『殺し襟』という技術があります。

ここのパーツは2枚に分割すれば格段に時間が短縮できるのですが、着心地や首へのあたりの良さを考えると時間はかかっても1枚襟をこだわる仕立てこそがホンモノです。

このような『クセ取り』という技術は、良い仕立てのスーツには至る所に施されています。

 

スーツ姿を綺麗に見せるには、体に沿ったスーツである必要がありますからね。