スーツの素材について②

2019年6月17日 goso_henshu

スーツの素材について②

前回に引き続き第二弾です。

今回はポリエステル、シルク、カシミアについて。

 

ポリエステルは安価で丈夫な素材で、ウールとの混紡生地が生地としてよく使用されます。

強度が高いので、スーツに大きな負荷のかかるビジネスマンにとってはおすすめです。

しかし、生地が少し固いのでシワになると消えにくく、独特のギラつきがあり比較的価格スーツの素材によく使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にシルクについて

シルクはご存知の通り、蚕の繭で高級品として知られています。

上品で美しい光沢感があるのが特徴で、軽くて通気性に優れます。

しかし、その分摩擦に非常に弱く、メンテナンスも難しいです。

こちらも、夏物のウール混紡生地でよく使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にカシミアです。

カシミアはカシミール地方に住む「カシミア山羊」の産毛を使った素材です。

マフラーやセーターの素材として使われているように、柔軟で温かみのある肌触りなので冬物生地に多いです。

カシミアも非常に高級で、水に弱いので、日常シーンでの着用はあまりお勧めしません。

しかし、スーツを仕立てた際の手触りの滑らかさと言ったら極上ものです。