スーツの季節について

2019年6月12日 goso_henshu

スーツの季節について

ご存知の通り、スーツには季節ものがあります。つまり、春・夏・秋・冬物があります。

では、実際には季節ものは何が大きく違うのでしょうか?

いくつも要素がありますが、ここでは3つに絞ってお伝えしたいと思います。

 

1つ目は、素材です。

例えば、暑い夏はキッドモヘアやリネン、化学繊維を使った生地が多いです。

逆に冬は保湿性や保温性を重視するため、ウールやカシミアが多いです。

 

2つ目は、重量です。

一般的に、1㎡あたりの重量でスーツの生地の重さを表示します。合物(通年着れるもの)で260g/mとかで、夏物になるほど軽く、夏物だと200g/㎡前後の重量です。

冬物だと、300g/㎡くらいでしょう。

 

3つ目は、織り方です。

夏物は「トロピカル」という平織り(1対1の割合で縦糸と横糸を織っていく)の生地が多く、冬物は起毛したフランネルという生地が有名です。

また、上記でご説明した、重量が300g/㎡のものでも夏物があります。それは、打込みといって、あえて粗く織ることで、通気性と生地の強度の両立を保っています。

 

春物に関しては、夏物よりちょっと厚手のもの。→SS物(スプリングサマー)

秋物に関しては、冬物よりちょっと薄手のもの。→AW物(オータムウィンター)

という感じです。だいたい両方重量は同じですが、夏・冬どっち寄りかという点で異なってきます。