ミルとマーチャント

2019年4月11日 goso_henshu

ミルとマーチャント

私達の来ているスーツの生地を扱う会社は大きく分けて「ミル」と「マーチャント」に分かれていることはご存知でしたでしょうか?

 

ミルとは生地を生産&販売している所謂メーカーであり、マーチャントとは生産はしていないが様々な生産地の生地を販売している商社の事です。

 

有名どころだと、ゼニアは自社工場でオリジナルを作っているので「ミル」に分類されます。

ドーメルやスキャバルなどは、各国の最高品質の生地をピックアップし、販売している「マーチャント」です。

 

ミルとマーチャントの生地の違いなどは、色々とあります。

まず、マーチャントは商社なので中間マージンが発生し同じクオリティのミル製のものよりも割高です。

ただ、各国の「選りすぐり」を集めているのでコレクションは流行のポイントや売れ筋を抑えておりデザイン性に優れている印象があります。

それに、ゼニアだとイタリア製ですが、ドーメルはイタリアもイギリスも様々な国の生地を選べるのが良いですね。

好きなブランドを見つけるのもスーツを楽しむ要素のひとつだと思います。